kを実数の定数とする Px=x^3+x^2 k^2+k+

kを実数の定数とする。Px=x^3+x^2-k^2+k+1x+kが出席。1 Pkの値を申出よ。併せて、Pxをx-kで割った時商を申出よ。2 方程式Px=0が別様3個の実数解をもつようなkの値の範
囲を申出よ。3 方程式Px=0がβ-α=γ-βを充す別様3個の実数解α,β,γをもつ時、kの値を申出よ。3の説明をお切望したいのですが、順序を制限されていて、 まず、数値を解く。 しかる後、ケース事由で?α=kの時?β=kの時?γ=kの時 と発語ふうに解けと言われて出席のでこの順序の説明をお切望します問 2 ⑴ x,y が実数ではあるから,3x+2y,-3y も実 。 問14 2 次方程式 x2 +2kx+2k+
3=0 の差別式を D と。

すると。 D。 4。 = k2 -1:(2k+3)。 = k2 -2k-3。 = (k+1)(k-3)。 重解を
もつ前提条件は D = 0 ではあるから 。 問 6 ⑴ P(x) = x3 -2×2 -5x+6 とする。 問23 k を
定数として,2 一直線の交叉点を滲みる一直線の方程 。 これら n 個の等式の辺々を雑える
と。 (n+1)4 -14 = 4 n ! k=1 k3 +6 n ! k=1 k2 +4 n ! k=1 k+ n ! k=1。 1。 232 委細解決手段 。

3方程式Px=0が別様3個の実数解をもつ時、2いやが上にもk≠-1, 1/2……①ではある。

β-α=γ-β?β-α^2=γ-β^2?α^2-2αβ+β^2=γ^2-2γβ+β^2?α+γα-γ=2α-γβ?α+γ=2β……②∵α≠γiα=kの時、βとγはxの2次方程式x^2+k+1x-1=0の2解ではあるから解と係数の掛りあいにいやが上にもβ+γ=-k+1……③, βγ=-1……④ではある。②いやが上にも、γ=2β-kであり、③に代入して3β-k=-k-1∴β=-1/3したがってγ=-2/3-kだから、④いやが上にもk=-11/3これは①をみたす。iiβ=kの時、αとγはxの2次方程式x^2+k+1x-1=0の2解ではあるから解と係数の掛りあいにいやが上にもα+γ=-k+1……⑤ではある。

③,⑤いやが上にも-k-1=2k∴k=-1/3これは①をみたす。iiiγ=kの時、②がαとγの相称であること式ではある事から、iと同じ様の成果と成り変わる。以上いやが上にも、欲するkの値はk=-11/3, -1/3

3次式 P(x) = ' -(a-1)x2 +3(a-2)x-2a が出席。ただただし、a は実数の定数とする。 B4
整式 P(x) = x = (k +4) z + (2k+5)x+3L10 ( は実数の定数)が出席。 (1) P(-1) の値を
申出よ。 (2) 3次方程式 P(x) = 0 が複素数解をもつようなこの値の分野を申出よ。

高次方程式 模試 高等学校数学に連なる問い 修業問い場所 たとえば p を 定数として、 x – p y – 2 + 3 p = 0 が pがどんな時でも 引きも切らず滲みる点
は。

この問いに掛りあいする著作。 実数ではある。 (2) & P(x) (x-1)(x-(k+ 3) x + k} (1)
いやが上にも, P(x) = 0 の解はx=1 と2次方程式x2-(k+3) x+k = 0 の解をあわせた一つではある
。 0 値が最小値に成り変わると→x-1=0併せては= k2+2k+9 AM x2-(k+3)x+ k = 0 (k+1)2+8>
0 <(k+1)?> 0, 8>0いやが上にもしたがって, ①はkの値に掛りあいなく別様2つの実数解をもつ

kを0ではない実数の定数とする 二次写像g(x)=kx2 6x k+(12/k

二次写像g(x)=kx2-6x-k+(12/k)+2に知らず識らずて、総べての実数xに対してg(x)>0と
成り変わるようなkの値の分野を申出よ 。

反応は k > 0 併せて -1 < k < 3。 つまり 0 < k < 3
です。 good; 0; 件。 報する。 お探しのQ&Aが見つからない時は、 。

kは実数の定数とする 方程式x^2 x+3 k=0の解を差別せよ 差別式

kは実数の定数とする。方程式x^2-x+3-k=0の解を差別せよ。差別式を役だてるのは
解るんですけど、どうやって反応たら適正ですか??x^2-x+3-k=0D=1-4(3‐k)=-
11+4k?D=-11+4k>0の時即ちk>11/4の時、2つの別様実数解を 。

2次方程式実数解の個数 kを実数の定数とする。2次方程式x2+kx+2k=0の実数解の個数を一節よ。 次の2
つの2次方程式 。

数学 別様実数解を2つもつkの値 高等学校数学に連なる問い 修業問い セミナー4 3 A の方程式+2kx- k+ 2k + 4 = 0 X が別様実数解を聢と2つもつよう
な実数んの値の分野を申出よ。409RO dd CicasH AIS 101$H 。 X^2=tとおいて、t
の2次方程式が正と負に1つずつ解を持てば適正です 。 この問いに掛りあいする著作。

ただただし,a は実数の定数とする。 ① ? 3 。 2 次方程式 x2-kx+k-1=0 が別様 2
つの正の解をもつように,定数 k の値の分野を規制よ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です